メインコンテンツまでスキップ

コマンド一覧

Scenamatica で使えるコマンドを説明しています。


コマンドの書き表し方

このドキュメントでは、コマンドを特定の記法に従って書き表します。このセクションではこの記法について軽く説明しています。

備考

Scenamatica を含む多くのプラグインでは、ほぼ同じ記法でドキュメントが書かれています。

一般的な構文記述

このドキュメントでは、コマンドを以下のように記述しています:

/command <required argument> [optional argument]

カッコで囲われた部分は引数と呼ばれる、コマンドに与える値のことです。一般に、コマンド名の後に空白を入れて実行します。

<required argument> のような、 <> で囲われた引数は必須の引数を表します。
また、[optional argument] のような、 [] で囲われた引数はオプションの引数を表します。

可変長引数における構文記述

また、以下のような記述も見られるでしょう:

/command <required argument> [optional argument...]

... がある引数は、オプションの引数を複数指定できることを表します(可変長引数)。
この場合は、 [optional argument...] は、0個以上、無限個未満のオプションの引数を表します。

コマンド一覧

/scenamatica

Scenamatica のメインコマンドです。 Scenamatica の** すべての ** コマンドはこのコマンドのサブコマンドです。

第一引数を省略した場合ヘルプを表示します。

エイリアス

コマンド構文

  • /scenamatica [<サブコマンド> [引数...]]

権限

  • scenamatica.use
  • scenamatica.*
  • <OP>
ヒント

これ以下のコマンドは、すべて /scenamatica のサブコマンドです。
適宜、脳内補完してください。

例:** example ** => /scenamatica example


enable

Scenamatica のシナリオ実行を含む全ての機能を有効にします。
この設定が false の場合は、自動シナリオ実行はスケジュールされず、手動実行はエラーで失敗します。

第一引数を省略した場合は、現在の設定を表示します。

エイリアス

(なし)

コマンド構文

  • enable [true|false]

権限

  • scenamatica.use.enable
  • scenamatica.*

スクリーンショット

  • enable
    enabled
  • enable true
    enabled
  • enable false
    disabled

scenario

詳しくは以下のドキュメントを参照してください: